M. オーベルチュール Part10【飼育終了】

今月上旬に全個体自力ハッチ完了しました。
オレンジ同士の掛け合わせだからかレモンはいません。20匹中ベタタイプは♂1匹、♀3匹出ました。

mok-16.jpg

♂最大65.5mmです。
親虫より5mm程度小さいだけですが見た目の差はかなりのもので、体格が全然違います。
逆にノギス当てるまでこの♂がこんなにサイズあるとは思っていませんでした。角の伸びはいいのでそこでちょっと稼いでますね(笑)

飼育の面では、産卵数、孵化率はあまり良くなかったものの幼虫~羽化までは順調でした。
大型狙うにはウガンデンシスと同じように低温飼育が有効かと思います。


では最後に♂親標本を。

mok-15.jpg

お気に入りの一匹です(*^^*) やはり大型個体は迫力があります。
とは言っても一番見て欲しい前胸のガッチリ感が写真ではうまく伝わらないのが残念ですが・・・

もしオーベルのwildを入手するチャンスがあったら70mm前後の個体をおすすめします。
飼育ではそう簡単に出ないサイズですし、死後標本にすれば立派な姿をいつまでも楽しめます(^_^)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。^^

カッコいいですね~~((^∀^*))
低温で大型が狙えるんですね。

2016/08/19 (Fri) 00:25 | むしパパ #cW/CNcxo | URL | 編集
>むしパパさん

派手で迫力があるカナブンが人気ですね。
ウガンもオーベルも飼育しやすいですが、大型出すには温度低めでじっくり飼育しないと難しいです。

2016/08/19 (Fri) 23:45 | AKECHI #- | URL | 編集
こんばんは^^

未だに写真だけでは国産カナブンくらいの
イメージしか(笑)
70mm・・・かなりデカイですよね~
しかも色が多彩で、一度見てみたいですね♪

2016/08/20 (Sat) 00:10 | ★かぶ☆ #- | URL | 編集
>★かぶ☆さん

頭が小さく体が大きいので存在感があります。
クワカブみたいにホームセンターに売っていることはないので、生き虫を見る機会があまりないのが残念ですね。

2016/08/21 (Sun) 21:19 | AKECHI #- | URL | 編集
こんばんは

美し過ぎです。
見とれてしまいます。
ウガンデンシスの羽化が成功したら、
次はオーベルチュール挑戦したくなりました。

2016/08/27 (Sat) 01:29 | よりさん #- | URL | 編集
>よりさん

色のパターンは少ないですが独特の模様が良いですね。
ウガンを飼育できればオーベルも問題なくいけますよ~

2016/08/27 (Sat) 22:39 | AKECHI #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する