ウガンデンシス Part18【繭割】

半年ぶりのウガン記事です(^▽^;)

4月からこれまでに♂3・♀11が無事に自力ハッチしました。
3系統ブリードしたので去年みたいに緑色だらけということにはならずホッとしました(笑)

そして残りも少なくなったため、繭5個すべて割り出しました。後日全個体まとめて掲載したいと思います。

まずは今日取り出した鮮やかな色の♂です(^○^)


mtu-26-1.jpg


mtu-26-2.jpg

親虫に比べて赤色の範囲が広がりました。見る角度によって色の変化があります。
インマキュリコリスやポリフェムスもそうなんですがこういう色合い好きです(^_^)

本当は今年でウガンをやめる予定だったけど、これ見て気が変わりました(笑)
ちょうど赤茶単色の♀が羽化したのでそれとペアリングしようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

インドクルビデンス Part7【菌糸交換】

dci-13.jpg

2回目割出分(1匹のみ)の幼虫です。
3本目を食い上がって暴れ出しそうな様子が見られたため交換しました。

前回交換時30.6gでしたが残念ながらほとんど増えていないです(^▽^;)

もうこれ以上成長の見込みはないと思うので、蛹化を見越してマットに切り替えました。
♀に続いて♂も良いサイズが出てほしいですね。
関連記事

エレファスゾウカブト Part25【マット交換】

mee-29.jpg

A1:♂3(77.4g~99.1g) ♀4(66.7g~75.2g)

A2:♂3(39.3g~70.9g) ♀3(45.6g~58.0g)

B1:♂5(41.1g~73.8g) ♀7(28.2g~69.8g)

A系統は最大♂が100g目前です。
A2やB1には小さな個体もいますが、この時期は1ヶ月で20~30gくらい普通に増えるので問題ないかなと思います(^_^)
関連記事

スペキオススホソアカ Part4【マット交換】

csa-7.jpg

1回目割出分の♂です。
羽化まで交換なしでいけるかと思ったけれど、最近マットの劣化が目立ってきたので交換しました。
体重8~9g台が多かったです。
関連記事

タイリクコーカサス Part24【♂新成虫 2】

前回の予告通り2匹目の♂を蛹室から掘り出しました。

ccb-38.jpg


ccb-40.jpg


ccb-39.jpg

4月中旬羽化 102.8mm(最小値)

幼虫時はMAX97.1gで、最終85.7gでした。飼育した中で一番小さかった個体です。
1匹目より1cm近く小さいので単純な比較はできないですが胸角は左右ズレてなくて整っていますね。形的にはギリギリ長角という感じでしょうか。
あとディンプルが一切なくて超綺麗です。ピッカピカです(笑)天然蛹室のおかげだと思います。

次の個体は2週間後に取り出します。
関連記事