ディディエールシカクワガタ飼育記 Part5【産卵セット】

rd-9.jpg

産卵セット用のマットが届いたので作業開始です。
使うのは「シカクワガタの産卵に最適」と謳っているマスターズ無添加発酵マット。
ディディエールシカ初飼育のときからこれを使って失敗したことがないのでとても信頼しています(^_^)


rd-8.jpg

ペアリングの方は目視では交尾確認できませんでした。
でも同居開始した翌日から、ゼリーを食べるとき常に2匹一緒だったので大丈夫でしょう(*^^*)
♀のエサ食いもばっちりです!


rd-10.jpg

マットのみでも産卵しますが今回は細いコナラ材を1本埋め込んでおきました。この♂の子は確実に採りたいですからね~
ケース側面や底面に卵が見えることもあるので、ゼリー交換のときにチェックしてみます。
関連記事
スポンサーサイト

コーカサスオオカブト飼育記 Part15【♀ワンダリング?】

タイリクコーカサスの♀2匹が早くもワンダリングらしき状態に(゚ー゚;)

ちょうどマットの上に出ていた個体を見つけて、他もチェックすると1匹上部のマットを掻き回した跡がありました。

ccb-23.jpg

一番大きい54gが約10gもダウン・・・


ccb-24.jpg

こちらは元52g


今月のマット交換でスイッチが入ってしまったんですかね~
体重は結構減っているけど暴れ以前に交換の刺激で減った分もあると思います。
この3週間の間で体色も一気に濃くなり、黄色から薄茶色のような感じになっています。
残りの♀5匹は特に変わりありません。色もこの2匹ほど濃くなってないです。

マット半分くらい固く詰めて幼虫を戻しました。
早期蛹化でサイズも小さいと思いますが、このまま落ち着いて蛹室作ってほしいですね。
関連記事

ヘラクレス・オキシデンタリス飼育記 Part14【マット交換】

オキシ後期グループの交換です。

最大♂(前回12/3交換 101g)

dho-larva-18.jpg



最大♀(前回12/3交換 68g)

dho-larva-19.jpg

最大体重は前のグループに劣りますが、体重の伸び具合はこちらの方が良いです(^_^)
最終的には追いついてあまり変わらなくなるかもしれません。

そして、今回から新しく買ったデジタルスケールを使いました。
ご覧のとおり0.1g単位で量れるタイプです。サイズはコンパクトになり、逆に液晶画面は大きくなって断然見やすくなりましたね。
今までのは写真撮るとき角度を工夫しないと液晶が真っ暗で全然数字が見えなかったですから(^▽^;)
買い替えて正解でした(^▽^)
関連記事

ディディエールシカクワガタ飼育記 Part4【ペアリング】

rd-7.jpg

エサ食い良好なディディエールシカの同居ペアリングを始めました(^_^)

♂は前にも紹介した良発色の63.5mm
♀は7月羽化の35.5mm

しっかり成熟しているはずなのでうまくいくと思います。1週間くらい様子を見ます。
関連記事

マルスゾウカブト飼育記 Part16【マット交換】

最近のマルスゾウカブトの状況まとめです。

mm-25.jpg

孵化からちょうど2年経つ♂幼虫が150g超えました。
前回から+4gです。じわじわと成長し続けています。でもフンは数えるほどしかなかったです。
いつ蛹化してもおかしくないと思うので、底の方のマットは軽く詰めておきました。

脚奇形蛹は今週くらいに羽化するのではと予想していましたが、もうしばらくかかりそうです。
なんかこのまま★になりそうな気がして不安になってきました・・・

それから正月に採卵した卵は18個膨らんで真ん丸になっています。
腐ったのは無精卵なので仕方ないですね。これ以上はもう心配ないと思いますo(^-^)o
関連記事