ウガンデンシス Part7【サプリ給餌】

ウガン幼虫にサプリを与えてしばらくするとマットの中から食べに出てきました。
物音や人影に敏感ですぐ隠れてしまうので実際食べるところを見たのは初めてです。


mtu-11-1.jpg

マットからゆっくり這い出し、周囲を確認するかのように頭を左右に動かしていました。


mtu-11-2.jpg

3粒入れてあったドッグフードのうちの1つをガブリ


mtu-11-3.jpg

咥えたあとは素早くバックしてマットの中に戻りました。
この状態で5分もしないうちに食べ終えました。そしてまた同じように取りに行って3つとも完食しました。

幼虫がサプリをどのように食べるのか大体想像していたとおりでしたが、こんなに早く次々に食べてしまうとは思っていませんでした。

今は週2回、一度に2~3粒与えています。食べ残しは滅多にないです。
今日の食べっぷりを見るともう少し増やしてもいいかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト

ヘラクレス・オキシデンタリス Part10【マット交換】

dho-larva-12.jpg

数日前にオキシを交換しました。前回9/14に交換したグループです。
ここにきてまさかの雌雄判別ミスが見つかり、♀が1匹多くなりました(^▽^;)

70匹以上いた幼虫はオクやプレにどんどん出して、手元に35匹残しました。あとは羽化まで飼育していきます。
予定通り秋のうちに調整できて一安心です。

どの幼虫も順調に育っているのは嬉しいことですが、ヘラクレス飼育で厄介なのは蛹化時の角曲がりですね。
以前ヘラヘラを飼育したときは中ケースを使っていたため、短い方向に蛹室を作って角曲がり連発でした。
前蛹で取り出して人工蛹室(既製品)に入れてもほとんど効果なく角は曲がり、羽化不全もかなり多かったです。
これにはホント萎えて、カブト飼育から撤退しました(´Д`|||)

そこで角曲がりを減らすために何か良い物はないかと検索かけてみたら、「いれと庫」という収納ケースがちょくちょく出てきました。
ビデオ・新書用が11×40×19.5cmでベストみたいです。3齢~羽化まで使えるようなので購入検討中です。
関連記事

レギウス Part5【孵化】

mr-14.jpg

1週間ほど前に採卵したレギウスの1匹目が孵化しました。
すぐ横の卵もオオアゴが透けて見えているので、明日、明後日にも孵化してくると思います。

早速菌糸をきのこの山に注文しました。
幼虫は割り出しのときに保管しておいた材の削りカスとマットでしばらく飼育します。
関連記事

ディディエールシカ Part3【幼虫】

ディディエールシカで5月に菌糸交換してから生死不明の幼虫が5匹います。

rd-4.jpg

生きている様子がないので掘ってみましたが、案の定カビに包まれた幼虫(蛹?)、真っ黒になった幼虫が次々と・・・

そんな中♀1匹だけ生きていました。これはマットへ。

rd-5.jpg

今回のを含めて20匹中7匹が幼虫で死んでいます(T_T)
去年までこんな事態はなかったんですけどね~
違うことといえば血の入れ替えをしたことくらいです。wild♀を使ったので、菌糸や添加剤に適応できなかった個体が落ちてしまったのでしょうか。
思い返せば成長も悪かったです。


rd-6.jpg

この前紹介した種親候補の♂です。色はそのまま変わっていません。
うまくいかないこともあるけど、この♂が羽化したのは収穫です(^○^)
関連記事

アクティオンゾウカブト Part3【120gUP】

前回交換から約2ヶ月経過したアクティオン

ma-5.jpg

♂最大125g


ma-6.jpg

♀最大88g



125g(前回8/29交換 96g)
120g(8/29 95g)


88g(8/29 84g)
86g(8/29 69g)
82g(8/29 77g)


♂は順調に成長しています。
先月マルスゾウカブトで130g台を見たので驚きはなかったです。目が慣れてきました(笑)
150gくらいになればまた違う印象になるかもしれませんね。このままペース落ちずにいってほしいです。

一方♀は個体差あるけど、たぶんもう♂のようには体重増えないですね。これからはじわじわ伸びていくと思います。

次は年末年始頃に交換する予定です。
関連記事