タイリクコーカサス Part3【産卵セット】

ccb-5.jpg


コーカサスのセットの現況です。
潜りっぱなしだった♀が昨日ゼリーを食べに出てきていました。今日見ると2個平らげて再び潜っていったようです。

♂はゼリーから離れず、購入時より盛んに威嚇するようになりました。


エレファスの方は最近姿を見ていませんが、いつもマット上をめちゃくちゃにしてあるので生きてます。
ただゼリーは減ってないので食わずに徘徊しているみたいなんですよね。困ったなぁ( ̄Д ̄;
関連記事
スポンサーサイト

ウガンデンシス Part3【採卵】

今日の夕方ヒグラシの初鳴きを聞きました。あと1~2週間もすれば大合唱になるはず。
最近結構涼しいんですが夏はもうすぐそこですね~


mtu-5.jpg

♀ブルー系ウガンデンシスを採卵すると25個+潰れ3個でした。一度で十分な数が取れたので再セットはしません。
ブラウン♀も最後の採卵をして9個追加できました。

今年使った親虫のうち♂2♀1をお付き合いのある方の昆虫展示イベントのために発送しました。
国産カナブンとはまるで違うウガンデンシスを見て楽しんでくれたら嬉しいです(*´∇`*)
関連記事

マルスゾウカブト Part2【蛹室】

マルスゾウカブトの♀が2匹とも同時に蛹室を作りました。さすがゾウカブトは蛹室もデカイです。

mm-3.jpg

孵化してから1年6ヶ月。まだ前蛹にはなってないです。

幼虫を買ったのが先月のことなので全然飼育した感はありません(笑)
関連記事

エレファスゾウカブト Part2【卵】

最近エレファスの卵を管理しているカップにカビ?なのか白い点々が増えてきました。

mee-egg-3.jpg

1回目採卵分だけこうなっています。
もしかして卵が腐っているんじゃなかろうかと思ったので、開けて見ることにしました。


mee-egg-4.jpg

ああ・・・(´;ω;`)

悪い予感は当たってしまいました。
11個全滅
採卵してすぐに腐った感じです。

すっかり意気消沈(´・ω・`)


どうせ残りもダメだと思ったので2回目分(2週間前に採卵)も開けました。


mee-egg-5.jpg

お!?

予想に反してこちらは全部膨らんでいます。
まだ幼虫の姿は透けて見えないけど、細長いままだったり、腐ったりしてないだけ希望があります!

今後の状況が分かるように外から確認できる位置に卵を置きました。
ここから腐っていったらショック倍増です(-。-;)なんとか孵化してほしいです。
関連記事

タイリクコーカサス Part2【産卵セット】

ccb-3-3.jpg

昨日のペアリングの様子
♂♀ともやる気があり、すぐに交尾が始まりました。繋がっていた時間は8分間でした。
交尾時間については長い方がいいとか色々ありますが実際どうなんでしょう(・_・?)
試しに今日もう一度やってみると、♀は後ろ足を払って嫌がったのできっと大丈夫だと思います。

それにしても♂はどの角度から見てもカッコイイ~ヽ(=´▽`=)ノ
胸角のうねりがツボです。


ccb-4.jpg

産卵セットは大ケースを使用します。
底~半分までマットを篩にかけて微粒子にしてあります。水分やや多め、温度は常温22℃です。
♀の体重は驚くほどの食いっぷりで18gに増えていました。

今回は採卵を普段より遅くして3週間後にしようと思います。順調ならその頃には卵がある程度膨らんでいるはずです。


カルコソマは過去にマレーコーカサス、ミンダナオアトラスを飼育しました。
しかし産んだ卵は全部腐りました。追いがけもしたし、温度も問題なかったし、何が原因かよく分からないままです。
カルコソマは採卵すると良くないという話は本当なのかもと思っていましたが、ショップの方にはあっさり否定されました(笑)

それから問い合わせていた詳細産地「Dac nam」の回答もいただきました。
ベトナム南部にはダラットというよく知られた産地がありますが、Dac namはそこから北に行った地域一帯の地名だそうです。
読み方は「ダックナム」が現地の発音に近いとのこと。解決してすっきりしました!
関連記事