マルスゾウカブト Part22【飼育終了】

最後の蛹は5月12日に羽化しました。

mm-36.jpg

無事羽化したと思ったけど、残念なことに下翅に水がたまってこれ以上収納できず( ̄Д ̄;)


mm-37.jpg

1ヶ月経った現在、はみ出した翅を切除し体長を計測すると120.6mmでした。標本になったら120mm切るでしょうね~
胸角が斜めに開き太く立派です(^▽^)

冬にセットを組んで採った幼虫は結局売却しました。最近まで飼育意欲がとことん落ちていたので仕方ないです。
これでマルスゾウカブトの飼育を終わります。
ゾウカブトのブリードはエレファスに絞って続けていきます。
スポンサーサイト

マルスゾウカブト Part21【蛹化】

mm-33.jpg

人工蛹室に移したマルスゾウカブト♂が昨日ついに蛹化しました。

胸角は前ではなく横に開いていて良い形ですo(^▽^)o
今度は脚が外側にひん曲がることはなかったので、やはり蛹室の形が大事そうです。


mm-34.jpg

一つ残念な点なんですが前脚が片方短いのが分かると思います。
抜け殻の脚を確認したところ微妙に左右でサイズが違っていました。なので蛹化時の問題ではなく先天的なものだと思います。
そういう個体はクワガタなどでもたまに見かけるけど、ゾウカブトはフセツが長いから目立ちますね。

羽化はゴールデンウィーク頃になると予想しています。

マルスゾウカブト Part20【人工蛹室】

前蛹になったマルスゾウカブトの♂を掘り出しました。

mm-31.jpg

いや~見事なベタ底蛹室です(-。-;) 放っておいたらまた蛹に悪影響が出た可能性がありますね。


mm-32.jpg

この前初めて作った人工蛹室は幅が広すぎたので、今度は少しコンパクトに仕上げました。

前蛹の体重は量ったけどメモっておくの忘れてて、123gだか126gだか細かい数字を忘れてしまいました。
でもサイズはこの際いいのでまずは無事蛹化してほしいです。

マルスゾウカブト Part19【孵化】

mm-29.jpg

マルスゾウカブトの孵化を確認できました(^▽^)
割出から約1ヶ月と2週間かかりました。ちょっと時間かかったのはゾウカブトにとっては温度が低め(22℃)のせいだと思います。

このカップにもまた線虫が湧いてくるかもしれないけど、根気よく交換して幼虫が小さいうちに全滅させておきたいですね。

マルスゾウカブト Part18【卵】

マルスゾウカブトの卵すべてを新しいマットに移しました。

一度水分をかなり多くした産卵マットはやはり劣化が進んでいました。そして何やらよく分からないキノコまで生えていました(゚-゚;)

mm-28.jpg

線虫の発生は幸い2カップだけで済みました。
コーカサスの方でも今日見た限りではいませんでした。以前ダニ(たぶんカブトホソトゲダニ)が数匹群がって線虫の体液を吸っている場面を目撃したので、もしかしたらすべてやっつけてくれたのかもしれません。


mm-27.jpg

無事育っている有精卵は16個です。
幼虫が透けて見えているので孵化はもう間もなくですね(^_^)肉眼では気門や皮膚の節も確認できます。