ディディエールシカクワガタ飼育記 Part6【飼育終了】

ディディエールシカについてしばらく書いてなかったですが既に撤退しています。

rd-37.jpg

ちなみに1月のセットは先月割り出しをして、合計7匹の幼虫が採れました。


撤退理由はディディエールに最適な温度で飼育ができないためです。
これまでも低温管理はしていなかったですけどね(^▽^;)
ただ今年も同じように続けていくことにモチベを保てなくなったのでここで区切りをつけることにしました。
スポンサーサイト

ディディエールシカクワガタ飼育記 Part5【産卵セット】

rd-9.jpg

産卵セット用のマットが届いたので作業開始です。
使うのは「シカクワガタの産卵に最適」と謳っているマスターズ無添加発酵マット。
ディディエールシカ初飼育のときからこれを使って失敗したことがないのでとても信頼しています(^_^)


rd-8.jpg

ペアリングの方は目視では交尾確認できませんでした。
でも同居開始した翌日から、ゼリーを食べるとき常に2匹一緒だったので大丈夫でしょう(*^^*)
♀のエサ食いもばっちりです!


rd-10.jpg

マットのみでも産卵しますが今回は細いコナラ材を1本埋め込んでおきました。この♂の子は確実に採りたいですからね~
ケース側面や底面に卵が見えることもあるので、ゼリー交換のときにチェックしてみます。

ディディエールシカクワガタ飼育記 Part4【ペアリング】

rd-7.jpg

エサ食い良好なディディエールシカの同居ペアリングを始めました(^_^)

♂は前にも紹介した良発色の63.5mm
♀は7月羽化の35.5mm

しっかり成熟しているはずなのでうまくいくと思います。1週間くらい様子を見ます。

ディディエールシカクワガタ飼育記 Part3【幼虫】

ディディエールシカで5月に菌糸交換してから生死不明の幼虫が5匹います。

rd-4.jpg

生きている様子がないので掘ってみましたが、案の定カビに包まれた幼虫(蛹?)、真っ黒になった幼虫が次々と・・・

そんな中♀1匹だけ生きていました。これはマットへ。

rd-5.jpg

今回のを含めて20匹中7匹が幼虫で死んでいます(T_T)
去年までこんな事態はなかったんですけどね~
違うことといえば血の入れ替えをしたことくらいです。wild♀を使ったので、菌糸や添加剤に適応できなかった個体が落ちてしまったのでしょうか。
思い返せば成長も悪かったです。


rd-6.jpg

この前紹介した種親候補の♂です。色はそのまま変わっていません。
うまくいかないこともあるけど、この♂が羽化したのは収穫です(^○^)

ディディエールシカクワガタ飼育記 Part2【成虫】

ディディエールシカの♂がポツポツ羽化しています。

rd-3.jpg

今日蛹室から取り出した個体は胸部全体にオレンジ色が出ています。こういう個体を求めてブリードしてきました!
羽化後3週間くらいなのでこのまま色が変わらなければ完璧です(^_^)

サイズは62,3mmくらいしかありませんが、うちでは結構まともな方です(^▽^;)
来年の種親にします。